彩良のweblog(さら)

xsaraの日記

新興国の爆食で、日本の食卓に欠かせない魚は安定供給が難しくなっている。

船は年々大型化。集魚装置など最新機器を搭載し、効率のよい網で漁獲する。
ツナ缶原料向けの国際指標となるタイ・バンコクの業者間取引価格は現在1トン2000ドル前後と2年前に比べ約2倍になった。
危険すぎて漁ができない。
甘エビやイカの漁場として 知られる日本海大和堆で7月、数十隻の北朝鮮船が違法操業しているのを福井県の漁師が確認した。
流し網でイカを狙う。
夜も小さな明かりしかつけないため衝突する恐れもある。
漁師の操業自粛などにより、今夏の甘エビの漁獲高は前年比で2割以上減った。
日本のEEZ内で操業の安全が脅かされている。
三国港機船底曳網漁業協同組合の組合長、浜出征勝は水産庁などに取り締まり強化を訴える。
1980年代に養殖を合わせて1200万トンあった日本の水産物生産量は、今や3分の1の400万トンまで落ち込んだ。
87年まで16年間維持した首位の座は今や昔だ。
世界の魚介類の1人あたりの消費量は、この50年で2倍以上に増加した。
欧米の健康志向の高まりや、新興国の台頭が背景にある。13億人を抱える中国の水産物の漁獲量は5年間で2割以上増え、いまや世界最大の消費国となった。
ただ中国近海は乱獲や工業化で水産資源が減少。
魚を求めて中国船は世界の海に繰り出す。
日本や韓国とトラブルになる例も多く日中韓で海洋三国志が始まっていると中国メディアは書き立てる。
都内の鮮魚店。
近海物のアジは1匹300円、サバは350円、イカ398円など大衆魚は軒並み高い。仕入れ担当者は言う。
特売にする商材が見当たらない。
漁業資源の争奪戦が世界で始まった。
中国や台湾など新興国の爆食で、日本の食卓に欠かせない魚は安定供給が難しくなっている。
現場の変化のうねりを追う。
最後にこれ、…「赤ちゃんの保湿」
デリケートな赤ちゃんの肌に使用するものは、安全なものを選びたいですよね。
その点、『Dolci Bolle ・ ミルキーベビーローション』は、しっかり合格点だったというわけです。
ここまで、どのぐらい優秀かをお伝えしてきました。
この商品を使用してみたいと思った方に、『Dolci Bolle ・ ミルキーベビーローション』をお得に買える嬉しい情報もお届けしたいと思います。
赤ちゃん保湿