彩良のweblog(さら)

xsaraの日記

オピオイドもそうした訴訟効果が期待できるのか。

召喚状は各社がオピオイドの製造販売や宣伝広告について違法な行為がないかを調査するためとしている。
ネバダ州司法長官によると、オピオイド依存症や過剰摂取による死亡に関連した失業や医療保険、犯罪対策などのために政府が負担する経済コストは年7400億ドルに上る。
一方、オピオイド医薬品卸だけで年間売上高は5000億ドルという。
各州はオピオイド汚染の加害者は製薬業界だと主張する。
1990年代に製薬会社パーデュー・ファーマがオピオイド製剤の一つオキシコンティンを開発し、依存性の小さい鎮痛剤として大々的な宣伝キャンペーンを繰り広げた。
それ以前はがん患者など激しい痛みの緩和だけに使われていたのが、オキシコンティンがオピオイド を世に広めるきっかけとなったとされる。
米薬物依存者支援団体アディクションズ・ドット・コムによると、パーデュー・ファーマは10年にオキシコンティンの売り上げだけで31億ドルに達した。
その後、オピオイドの安全性についての誇大広告で一般大衆に間違った情報を与えたとして提訴され、追徴金を課されている。
今後注目されるのは、オピオイド問題で製薬業界がたばこ業界の轍を踏むかどうか。
90年代に州政府がたばこ会社を相手取って起こした集団訴訟では、会社側が消費者にたばこの安全性について間違った情報を与えたという点でオピオイド訴訟と似ている。
ただ、たばことオピオイドの違いは、オピオイド米食品医薬品局の承認を経ている点で、製薬業界がどれだけの責任を負う のかは不透明だ。
たばこ業界を相手取った集団訴訟を経て、米国でのたばこ消費は急激に減った。
オピオイドもそうした訴訟効果が期待できるのか。
そう言えば、気になることです。
「湘南美容外科のクリニック…二重」に関する情報です。
湘南美容外科で人気のある手術は湘南二重術です。
アイテープと同じような感覚で糸で一部の皮膚を止めるだけで、希望通りの二重のラインを作ることができます。
手術に使うのは極細の医療用の糸を使用しており、二重が取れにくいというメリットがあります。
湘南美容外科クリニック二重