彩良のweblog(さら)

xsaraの日記

シェア経済の代表格とされた配車アプリを使ったライドシェアでも問題が多い。

保証金の未払い問題は特に8月以降、各社で広がってきた。
激しい競争から脱落する企業が出始め、その企業の自転車の利用者が相次ぎ利用をやめ、保証金返還の手続きを始めたためだ。
酷騎単車のブランドで展開する北京の企業も保証金を返さず、利用者が抗議する。
同社も運用システムに負荷がかかりすぎ、今は保証金を返金できないなどの口実で逃げ回ったままだ。
シェア自転車を利用する際には登録と同時に、自転車の故障などに備え、利用者が保証金を支払う必要がある。
酷騎の 場合は298元。
すでに同社は100万台の自転車を投入しており、保証金だけでも数十億~数百億円を手にしているとみられる。
その返還に応じないとあって、利用者からはそもそも保証金狙いでシェア自転車に参入し、資金運用目的にシェアビジネスを利用していると、疑いの声も多く上がっている。
シェア自転車は中国では昨秋、ブームに火がつき、既に50社が市場参入し、猛烈な競争を繰り広げる。
30分の利用料は0.5元程度。
乗り捨て自由の便利さが受け、利用者は1億人を突破し、すでに全国に1500万台もの自転車が配置されたとされる。
しかし、競争を勝ち抜くための大量投入により、街中では山積みにされる自転車が増え、社会問題にもなり始めた。
事態を重く見た政府は8月以降、中国の4 大都市では北京を除く上海、広州、深?の全てで新規のシェア自転車投入の全面禁止を決めた。
だが、それでもモバイクやofoなどの有力企業が投入を止めず、広州市では異例の2度目となる新車投入の禁止命令を8月29日に出す騒ぎになった。
シェア経済の代表格とされた配車アプリを使ったライドシェアでも問題が多い。
次に、こんな話題も提供。
赤ちゃんの夜泣き対策にお勧め【すやねむカモミール】の効果は?
http://www.xn--88jxb1co1rplua7e0h.net/
皆が寝静まった深夜に、突然赤ちゃんが泣きだして、なかなか泣き止まないことがあります。
昼間はニコニコご機嫌で過ごしていたのに、夜になると決まって泣き出す赤ちゃんだっていますよね。
初めての育児の時などは、特に新米ママが睡眠不足や疲労でダウンしてしまう原因にもなります。