彩良のweblog(さら)

xsaraの日記

後継者への経営ノウハウの共有など事業継承をサポートしたりする取り組みを進めている。

それには高度なノウハウが必要だ。他社と同じことをやって売上高を伸ばせる時代ではない。
社員には明日、あさっての需要を考えろと話している。
昨今の建設ラッシュは五輪の少し前に調整段階 に入るだろう。
どこの国でも五輪後に景気が冷え込むことは、歴史が証明している。
2019年秋に消費増税が予定され、今は追い風の低金利もいつか終わるはずだ。
人口減少、少子高齢化の時代はすでに始まっている。
五輪の後押しがあるうちに、その後の街づくりはどうあるべきかを議論する必要があるのではないか。
例えば、移民を受け入れるかどうかで街に必要な施設も変わってくる。
2018年3月期の連結受注高は5年連続で1.6兆円を超えそうだ。
好採算工事が多く、利益水準もバブル期を上回っている。
首都圏を中心にオフィスビルやホテルの需要が旺盛だ。
1970~80年代前半に竣工した建築物が老朽化し、更新期を迎えているのが背景だ。
首都圏への人口集中も後押ししている。
東 日本大震災の復興関連や高速道路などのインフラといった土木関連も多い。
需要の増加は構造的なもので、東京五輪特需と呼ばれる案件は一部にすぎない。
五輪後すぐに受注が途切れるようなことはないだろう。
目下の課題は、受注残を消化する能力に余裕がなくなってきたことだ。
高齢化で建設現場を担う技能労働者が減っている。
働き方改革で週休2日の導入を進めており、1人当たりの作業時間も短くなる。
人手確保に向けては、下請け業者との関係強化が重要だ。
研修施設を開放して技能労働者の育成を支援したり、後継者への経営ノウハウの共有など事業継承をサポートしたりする取り組みを進めている。
省人化や生産性向上も進めなければならない。
そう言えば、気になることです。
「トランクルームを福岡で比較」に関する情報です。
キャンペーン内容は施設により違いがあるので、公式サイトの中で確認しておくと良いでしょう。
「ハローストレージ早良区野芥パート1」は国道202号線から少し外れた場所にあるトランクルームで、こちらの施設も1.5帖や2~4帖タイプ、8帖タイプが用意してありますが、「ハローストレージ早良区野芥パート1」の場合はコンテナが2階建てになっており、2階のコンテナボックスの方が使用料は安くなっています。
トランクルーム福岡比較